専門医の居るクリニックなら安心して施術を受けられる

サイトメニュー

日帰り施術できます

女性 いぼ手術を受ける際、状態を詳しく調べるため触診したり拡大鏡を使って診断します。手術した日はシャワーなどを控えておき、翌日から行うことが可能です。小さなサイズならレーザーを使って短時間で施術することができ、痛みや腫れを最小限に抑えます。

詳しく見る

利用しやすい美容対策

医者と看護師 いぼの問題に対してはクリニックで治療を受ければ改善できますが、レーザーを使った施術を受けられる所もあります。治療を受ける時はどのようなプランを選べるか確認して、情報を得ておけば自分に向いている所を利用できます。

詳しく見る

お肌の問題への対応方法

女性 いぼの問題が起きた時はクリニックで相談すれば治してくれますが、受けられる治療法の費用は十分に確認するべきです。特にレーザーを使った治療法は保険が使えないため、費用が高額になる時もあるので良く考えて利用する必要があります。

詳しく見る

クリニックの正しい選び方

女性

詳細をしっかり調べてみよう

いぼを取るにはクリニック選びが重要となってきます。いわゆるヤブ医者を選んでしまったら、キレイに取ることはできません。取れたとしても跡が残ってしまい、かえってみっともない状態になってしまうこともあります。何よりも体のことなので傷がついたり痛みが生じたりするのは誰でも困ることでしょう。まず、専門のクリニックを探します。これにはインターネットが役立ちます。いぼというキーワードで検索をかけると様々な専門のクリニックがピックアップされるので、一つ一つホームページを見ていきましょう。その中で施術実績の多いところを選びます。また、施術の内容にも注目してみましょう。詳細がきちんと記載されていないクリニックは危険です。通常、どんな施術法があるのかホームページに記載されています。いぼの状態によって適切な施術法は異なりますが、どこのクリニックでも複数の選択肢を設けているものです。それぞれの内容を把握しましょう。一番多いのは液体窒素を使った施術法です。これは患者さんへの負担が少ないと言われています。施術の時間も短時間で済むので日帰り可能です。場合によっては学校も会社も休まなくて済むこともあります。そんな手軽さから多くの人がこの施術法を選択しています。ただし、いぼの状態によってはこの施術を選べないこともあるので、よく確認してみましょう。どこのクリニックでも最初はカウンセリングを行います。その時に状態をチェックし適切な施術法を考えるのです。信頼できる専門医の居るところなら安心して施術を受けられます。
いぼと一口に言っても、細かく分けるといろいろなものがあります。一番問題なのは悪性腫瘍と間違えてしまうことです。悪性腫瘍の場合は早急に治療をしないと命の危険となってしまいます。それを見極めるためには素人では難しいことから、専門医に診てもらうしかありません。例えば、色が普通のいぼとは違ったり、急激に大きくなったりというように違和感が生じるようなら、すぐに専門医に診てもらいましょう。通常、最寄りの皮膚科を受診することになります。悪性腫瘍ではないものはそのまま放置していても構いません。というのも、いぼの多くは老化現象による自然的なものだからです。生活に支障がないようならいくらできても問題ありません。ところが、最近は美容意識の高い人が男女ともに増えてきていることから、見た目を気にする人もたくさんいます。顔にできてしまうと他人の視線が気になるという人も少なくありません。それがストレスになってしまったり、コンプレックスになってしまったりするようなら専門のクリニックで取ってもらいましょう。その方がその後の生活を豊かな気持ちで送れるようになるはずです。ここでいう専門のクリニックというのは皮膚科をはじめ、美容クリニックなどが挙げられます。それぞれ施術法が異なるので比較してみましょう。施術の実績の多いところを選んだ方が安心です。また、施術法に納得できるところを選びましょう。痛みが生じたり入院したりというのは困るのなら、そんな負担のないクリニックを選ぶ必要があります。口コミを参考にして選ぶのもいいかもしれません。