専門医の居るクリニックなら安心して施術を受けられる

サイトメニュー

日帰り施術できます

女性

自己判断せず適切な治療を受けよう

身体や顔などにできたいぼは日帰り手術できれいに除去することができます。いくつか施術方法があり、縫合法やくりぬき切除法、レーザー治療などがあります。日帰り手術の流れとして、まずクリニックの公式サイトを使って予約したり、電話で予約したりすることが可能です。予約した当日、来院し問診票にいぼの経過などを記載します。いぼの状態を詳しく調べるため、触診したり拡大鏡を用いて診断したりすることが可能です。施術が必要な場合は採血したり、超音波エコー検査を行ったりすることもあるでしょう。悪性が疑われるような皮膚腫瘍の場合、一部を採取し病理検査を行うことができます。患者のスケジュールに合わせて術日を調整し、軽微なものなら診察日に除去することが可能です。手術当日、施術時間は20分ぐらいで完了し、局所麻酔を行うので痛みはそれほどありません。手術を受けた後に検診を行い、抜糸や消毒・経過観察などを行うため来院することになるでしょう。来院回数は施術の規模によって異なりますが、一般的に翌日〜2日後ぐらいに出血予防道具を挿入している場合摘出することが可能です。5〜7日後に抜糸を行い、手術の部位によっては後になることもあるでしょう。14〜20日後において病理検査を行った場合、検査結果を説明しもし悪性と判断された場合他の病院に紹介してくれます。小さなものなら予約した当日に施術を受けることができ、短時間できれいに除去することが可能です。施術した後は保湿クリームや軟膏などが処方されるので、アフターケアを行うことができます。
いぼを除去した後、いくつか注意点があります。手術した当日は風呂やシャワー、洗顔や洗髪は控えておき、翌日から問題ありません。顔の場合化粧は施術した部位以外は当日から行うことが可能です。手術翌日からシャワーする際、創部の洗浄を行うことができ創部は軽く洗い石けんはしっかり落とし清潔に維持しましょう。創部を乾かした後はガーゼで保護しますが、基本的に創部の消毒は不要です。施術した後の痛みが気になるところですが、人によって当日〜3日ぐらい続くことがあるでしょう。痛み止めを処方してもらうことができますが、次第にましになっていきます。病理検査の結果を気にする人もいますが、いぼやほくろなどはほとんど良性腫瘍と呼ばれているもので特に問題ありません。問診や触診などで悪性腫瘍が疑われたケースのみ、生体検査を行います。いぼや皮膚の状態、位置などを診察してから判断することになりますが、小さなサイズならレーザー治療を当日受けることが可能です。レーザー治療にはいくつかメリットがあり、施術する部位においてピンポイントで治療することができます。正常な皮膚の細胞を傷付けずに行うことができ、治療した後腫れや痛みなどを最小限に抑えることが可能です。糸を使って縫ったりしないので抜糸する必要がなく、お肌の質感を改善することができます。年齢や性別に関係なくスムーズに治療することができ、アトピー体質の人や敏感肌の人も利用することができるでしょう。いぼ手術を受けた後は紫外線などから患部を守ったり、医師の指示通りクリームなどを塗ったりすることが大切です。